学校長挨拶

相手の立場になって考えられる看護師に。

看護師は人間と人間の関わりを通してケアを提供していきます。少子高齢化の今日、療養の場は医療機関から地域へ移行し、人々が住み慣れた地域で安寧な生活を継続していくために必要なものとして社会はケアを求めています。看護実践の本質はケアリングといわれています。ケアリングとは他者への関心を基盤とした人間の行為であり、ケアする者とされる者の相互作用を通して互いに癒され成長できるものとされています。看護教育の中軸となる臨地実習で、人間関係の機微を学び、患者さん自身の力やケアを提供している自分自身が癒されていることが実感できるのですが、一方的な看護過程の展開では駄目なのです。常に相手の立場に立って考えること、次に自分が考え感じたことを相手に確認すること、更に提供したケアの結果を確認し評価することが重要です。建学の理念である実学教育と人間教育は表裏一体のものですから、日々の実践を期待します。教職員一同は学生の皆さんと共に歩めるよう尽力致します。


学校長 土屋 八千代

医療・保健・福祉の専門分野に多くの人材を輩出。 業界の信頼も厚い、大阪滋慶学園グループの1校です。

創立より36年間、大阪滋慶学園グループでは人間の一生にもっとも関わりの深い「医療」「保健」「福祉」の3つの専門領域でスペシャリストの育成を行っています。多くの卒業生の活躍により、業界からの厚い信頼を得ています。

大阪滋慶学園グループ校
大阪医療看護専門学校
大阪医療技術学園専門学校
大阪ハイテクノロジー専門学校
大阪保健福祉専門学校
大阪医療福祉専門学校
出雲医療看護専門学校
滋慶医療科学大学院大学